痩せ薬の副作用について

痩せ薬とはダイエットの目的があるダイエット商品であります。脂肪吸引の手術と違い、手軽に治療を始めることができて、食事コントロールをお手伝い する、脂肪の燃焼を加速して、体の新陳代謝をアップするの薬であります。痩せ薬はダイエットの専用薬ではなく、体を順調に調整する効果もあります。

痩せ薬には大きくわけて2種類あります。

主に食欲抑制剤のサノレックスと脂肪吸収阻害剤のゼニカルです。
サノレックスの主成分はマジンドールで脳の摂食中枢に直接作用して食欲を抑制します。そのため少ない食事量で満腹感を得ることができ、我慢せずに食事量を減らしてダイエットができました。とくに過食の人に効果が期待できるという薬です。
新陳代謝をアップさせる効果もあるため、効率良く脂肪を燃焼させることもできます。

しかし、痩せ薬の副作用も避けられません。

長期間の服用すると、肝臓、腎臓などに過度な負担が掛かります。肝臓や腎臓というのは、排泄機能や解毒機能ですので、そこがダメージを受けると、体が汚され、代謝機能が低下します。逆に痩せにくくなる可能性もあります。

痩せ薬購入前に、その効果、成分、副作用、他人の口コミ、レビューなど参考して自分に合うものを見つけてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です